レーベンフックの顕微鏡

瑞古洞に展示してあったレプリカ。
レーベンフックはフェルメールの親友だったとか。実際お墓もそばにある。
以前ケルンのアグファ博物館でフックのスケッチをいくつか見たことがある。
機材の貧弱さを補う洞察力と強靱な精神。
見習わないとw
c0002682_11263612.jpg

[PR]

  by dojou7 | 2013-10-25 11:26 | 雑談 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : https://dojou7.exblog.jp/tb/20872883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-10-25 23:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hal-co at 2013-10-28 12:52 x
レーベンフックの顕微鏡,って,こういうものだったのですね。
「微生物の狩人(上)」(岩波文庫)の表紙にあるイラストがそうなのかな,と勝手に思っていました。
ん,イラストの機材の一部にこれらしきものが…。

1723年に91歳で亡くなったとのこと,すごいなぁ,と感嘆するのみ。
Commented by complex_cat at 2013-11-04 19:55
うわ,基礎の生物学で必ず学ぶ名前とその顕微鏡,このような姿だとは思いもしませんでした。

<< 実生 八高線にのった >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE